医学部医学科地域枠学生が浦崎副知事を表敬訪問しました

平成29年8月14日(月)、医学部医学科の地域枠新入生17名が沖縄県庁を訪れ、石田医学部長や藤田沖縄県地域医療支援センター長ら関係者同席のもと、浦崎副知事を表敬訪問しました。

詳細はこちら(本学公式HP)からご覧ください。

平成30年度 学生募集要項

平成30年度 大学院医学研究科

★平成30年度 学生募集要項(修士課程)

★平成30年度 学生募集要項(博士課程)

 

平成30年度 大学院保健学研究科

★平成30年度 学生募集要項(博士前期課程)

★平成30年度 学生募集要項(博士後期課程)

 

 

*詳細についての問い合わせ先*

  大学院医学研究科
    TEL:098-895-1032
    Mail:igznyusen@to.jim.u-ryukyu.ac.jp

  大学院保健学研究科
    TEL:098-895-1053
    Mail:igzgaksen@to.jim.u-ryukyu.ac.jp

平成30年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)第2次選抜結果

医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)第2次選抜結果

平成30年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)第1次選抜結果

医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)第1次選抜結果

検定料免除に関する特例措置(免除申請書)について

琉球大学では、平成30年度の全ての入学者選抜(一般入試、特別入試、AO入試、私費外国人留学生入試、第2年次・第3年次特別編入学入試、大学院入試)に関して、 東日本大震災及び熊本地震の被災者の経済的負担を軽減することにより、受験の機会を確保するため、昨年度に引き続き特例措置を実施することとしましたのでお知らせします。

【重要】平成30年4月1日から論文博士の資格要件が変わります!!

論文提出による学位授与申請の資格要件に関する申合せ ( 平成30年4月1日~ )

(※変更箇所は赤字で示しています)

(趣旨)
第1条 この申合せは、琉球大学学位規則(以下「規則」という。)第26条の規定に基づき、規則第5条及び第7条に定める学位論文の提出によって学位授与の申請を行うことができる者の資格要件に関し、必要な事項を定める。
(資格要件)
第2条 学位論文を提出できる者は、医学の大学院の入学資格の有無にかかわらず、次の各号の一つに該当する者とする。
(1)本学医学研究科に所定の標準修業年限以上在学し、所定の単位を修得して退学した者
(2)大学の医学、歯学又は修業年限6年の獣医学若しくは薬学の課程修了した者次のいずれかに該当する者
ア 筆頭著者として掲載された論文(学位論文及び副論文)のインパクトファクター(以下「IF」という。)の総和が5以上の者については、研究歴を10年以上有する者
イ 筆頭著者として掲載された論文(学位論文及び副論文)のIFの総和が10以上の者については、研究歴を6年以上有する者
(3)大学の医学、歯学又は修業年限6年の獣医学若しくは薬学以外の課程修了した者次のいずれかに該当する者
 ア 筆頭著者として掲載された論文(学位論文及び副論文)のIFの総和が5以上の者については、研究歴を12年以上有する者
 イ 筆頭著者として掲載された論文(学位論文及び副論文)のIFの総和が10以上の者については、研究歴を6年以上有する者
(研究歴)
第3条 前条第2号及び第3号に規定する研究歴とは、次の各号の一つに該当する期間とする。
(1)本学部医学科及び附属病院において専任教員として研究に従事した期間
(2)本学部附属病院で医員・医員(研修医)として研究に従事した期間
(3)医学・生命科学関連分野の大学院(修士課程含む)に在学した期間
(4)大学の医学、歯学又は修業年限6年の獣医学若しくは薬学の課程において研究生として在学した期間
(5)大学及び国公立の研究機関並びに研究所等において専任の研究者として研究に従事した期間
(6)研究科教授会が研修、研究機関として認定する病院、研究所等において研究に従事し、かつ、本学の研究生として在学した期間
(7)外国の医育機関及び外国の政府直轄の機関において研究に従事した期間
2 前項に規定する期間は、原則として全期間を研究歴として取扱う。
 研究科教授会は、第1項に定めるもののほか、適当と認める施設等における研究期間及び第1項第5号に規定する機関等で専任の研究者以外の者として研究に従事したと認められる者について、相当な研究歴を認めることができる。
 この申合せは、平成28年9月28日から施行する。ただし、改正後の第2条及び第3条の規定は平成30年4月1日から適用する。

論文博士の資格要件変更のお知らせ(旧規定との対照表はこちらから)

平成29年度保健学研究科(博士後期課程)公衆衛生改善のための保健医療人材育成プログラム入学者選抜試験合格発表

平成29年度保健学研究科(博士後期課程)公衆衛生改善のための保健医療人材育成プログラム入学者選抜試験合格発表

平成29年度保健学研究科第2次募集入学者選抜試験合格発表

平成29年度保健学研究科第2次募集入学者選抜試験合格発表

平成30年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)学生募集要項

論文博士の外国語試験公示

保健学研究科卒業生が国際フォーラムでポスター最優秀賞を受賞

保健学研究科博士前期課程を本年度修了された佐藤慈さんは、平成28年10月27日~28日にラオス国サワナケート県で開催された保健フォーラム(10th National Health Research Forum, Lao PDR)にてポスター最優秀賞を受賞しました。

ラオス国では、特に僻地村落に住む少数民族の間で、妊娠や出産に伴う健康問題が多いことが長年の課題となっています。そのため、ヘルスセンターなどにおける施設分娩が推奨されています。佐藤慈さんは保健学研究科在籍時に、ラオス国の僻地に滞在し、施設分娩を妨げている要因を解明するための研究を行いました。この度、佐藤慈さんはこの研究成果をポスター発表しました。投稿された50以上のポスター発表の中で、最も優れたポスター発表として、フォーラムの主催者から表彰されました。

佐藤慈さんは平成28年9月に保健学研究科(国際地域保健学分野)を修了されました。現在は、国際地域保健学教室の研究員として、JICA草の根プロジェクトの開始準備に従事されています。12月からは、NPO法人アジア保健教育基金の現地派遣スタッフとして、プロジェクトを推進される予定です。

%e5%86%99%e7%9c%9f1_%e4%bd%90%e8%97%a4%e6%85%88   授賞式の様子(写真右の女性が佐藤慈さん) %e5%86%99%e7%9c%9f2_%e4%bd%90%e8%97%a4%e6%85%88   贈られた表彰状がこちら

平成29年度琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)第2次募集のお知らせ

琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)

第2次募集のお知らせ

 

平成29年度琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)において、平成29年2月18日(土)に第2次募集選抜試験を行います。

詳細につきましては、募集要項をご覧ください。

応募につきましては募集要項を下記の請求先よりお取り寄せのうえ、出願手続きを行ってください。

なお、出願の際には必ず指導予定教員と連絡を行い、ご応募ください。

 

日程

出願期間 :平成29年 1月18日(水)~平成29年 1月25日(水)
選抜試験日 :平成29年 2月18日(土)
合格発表日 :平成29年 3月16日(木)

募集要項を郵送で希望する場合、封筒に「平成29年度大学院医学研究科(修士課程・博士課程)学生募集要項」と朱書し、返信封筒(角型2号・返信切手速達希望485円、普通希望205円貼付・受取人の住所、氏名、郵便番号を明記)もしくは、レターパックを同封し、以下募集要項請求先へ請求してください。

 

 

【募集要項請求先】

住所:〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207番地

担当:琉球大学医学部学務課 入試担当

電話:098-895-1032又は1053

FAX:098-895-1092

 

平成28年10月26日

 医 学 部 学 務 課

 

 

平成29年度琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)入学者選抜試験合格発表

医学研究科(修士課程・博士課程)入学者選抜試験合格発表

平成29年度琉球大学大学院保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)第2次募集のお知らせ

琉球大学大学院保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

第2次募集のお知らせ

 

平成29年度琉球大学大学院保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)において、平成29年3月4日(土)に第2次募集選抜試験を行います。

詳細につきましては、募集要項をご覧ください。

応募につきましては募集要項を下記の請求先よりお取り寄せのうえ、出願手続きを行ってください。

なお、出願の際には必ず志望研究分野の指導予定教員とご相談のうえ、ご出願ください。

 

日程

出願期間 :平成29年 2月 6日(月)~平成29年 2月14日(火)
選抜試験日 :平成29年 3月 4日(土)
合格発表日 :平成29年 3月17日(金)
※出願資格認定出願期間

 

:平成29年 1月11日(水)~平成29年 1月18日(水)

(該当者のみ)

募集要項を郵送で希望する場合、封筒に「平成29年度大学院保健学研究科(博士●期課程)学生募集要項」(●は前・後のいずれか)と朱書し、返信封筒(角型2号・返信切手速達希望485円、普通希望205円貼付・受取人の住所、氏名、郵便番号を明記)もしくは、レターパックを同封し、以下募集要項請求先へ請求してください。

 

 

【募集要項請求先】

住所:〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207番地

担当:琉球大学医学部学務課 学事担当

電話:098-895-1053又は1032

FAX:098-895-1092

 

平成29年度琉球大学大学院保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)入学者選抜試験合格発表

琉球大学大学院保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)入学者選抜試験合格発表

保健学研究科(博士前期課程・博士後期課程)入学者選抜試験合格発表

医学部医学科地域枠学生が浦崎副知事を表敬訪問しました

平成28年8月16日(火)、医学部医学科の地域枠新入生16名が沖縄県庁を訪れ、松下医学部長や藤田沖縄県地域医療支援センター長はじめ関係者同席のもと、浦崎副知事への表敬訪問を行いました。

詳細はこちら(本学公式HP)からご覧ください。

岡本有可さんらの論文がAnthropological Science誌に掲載されました

岡本有可さん(研究当時、医学科学生、現琉球大学医学部附属病院研修医)と石田肇教授(人体解剖学講座)らの論文” An Okhotsk adult female human skeleton (11th/12th century AD) with possible SAPHO syndrome from Hamanaka 2 site, Rebun Island, northern Japan”がAnthropological Science誌に掲載されました。

岡本さんは2011年から2013年にかけて、北海道礼文島でオホーツク文化の遺跡調査に参加し、人骨にSAPHO症候群と思われる病変を発見しました。
 SAPHO症候群とは、滑膜炎、ざ瘡、膿疱症、骨化過剰症、骨炎の頭文字からなる症候群で、とくに前胸部の骨炎が特徴的です。1960年代から疾患として認められてきましたが、今回は放射性炭素年代で約1000年も前である成人女性人骨から、同様の症候群と思われる骨変化が見られました。性別もDNA解析の結果から判定していますが、今後さらに、核ゲノム解析を進め、SAPHO症候群の本質に迫れればと思っています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/advpub/0/advpub_160608/_article

岡本有可

岡本有可さん(右)と、一緒に遺跡調査を行ったカナダアルバータ大学のアンジェイ・ウエーバー教授(左)

Figure9

SAPHO症候群の特徴を示した右鎖骨のCT画像

医学生シムリンピックおおさか2016で琉大生チームが優勝しました!

去る7月31日に大阪医科大学で開催された医学生シムリンピックおおさか2016(主催:日本医学教育学会)において、琉球大学の学生チーム「やっけーいきがーs」が優勝しました。出場チームのメンバーは全員5年生で、能美康彦さん、金城英樹さん、仲間海人さんの3人です。

医学生シムリンピックは、シミュレーション教育の理解と普及を図ることと医学生の臨床能力を客観的に評価するシステムを確立することを目的として開催されている競技会で、今年は全国から集まった16の出場チームが8種目の競技で面接、診断、治療の技能を競いました。2014年から年1回開催されており、昨年も琉球大学のチームが準優勝しています。

3人は出場が決まった5月から、出場チームが中心になってちゅらSimで勉強会を開始し、先輩、後輩、教員の協力を得て準備を進めてきました。

能美さん、金城さん、仲間さん、優勝おめでとうございます!

IMG_0380(シムリンヒ?ック2016金メタ?ル) シムリンピック2016ポスター

平成28年度オープンキャンパスが開催されました

2016oc_001
2016年7月16日オープンキャンパスが開催されました。
医学部のプログラムは、医学科保健学科をご覧ください。
この続きを読む…

論文博士の外国語試験公示