RI実験施設(学内措置施設)

医学部RI実験施設は、昭和58年11月科学技術庁による認可を受け、3階建て延べ約1,200m2の管理区域からなる学内共同利用施設として開設され、医学部放射線安全委員会ならびにRI実験施設運営委員会の指導の下、施設長(併任)、技術職員(専任)、事務補佐員(非常勤)の三名が、利用者に対する定期的な教育訓練、被ばく管理、ならびに施設の安全管理等の業務を担当しています。

当実験施設には,RI測定用機器室に加え、生化学・分子生物学実験室、動物実験室および動物飼育室、ならびにP2レベルの細胞培養室が設置されています。過去数十年間、RIは医学や生物学的研究の発展に輝かしい功績を残してきましたが、近年、感度の点からRI標識法を代替しうる技術の開発が進むにつれ、実験系のNon-RI化が進行し、以前に比べると当実験施設の利用頻度も減少傾向にあります。しかしながら,RI標識の特性である高い感度で検出しうるという利点から、RIの利用は研究上欠くべからざる手段として、今後も続くと予想されます。従って、より一層の設備の充実を図ることで、より先進的な研究環境の提供を目指しています。

RI施設外観 液体シンチレーションカウンタ 放射線中央監視装置 β線測定室
RI施設外観 液体シンチレーションカウンタ 放射線中央監視装置 β線測定室

附属動物実験施設

医学部附属の共同利用施設として、昭和 58 年 10 月 31 日に第一期、昭和 62 年9月 30 日に第二期、平成5年3 月 31 日に第三期の各工事を経て、合計約 3,000㎡の動物実験施設が竣工しました。

本施設は医学部附属施設でありますが、本学唯一の動物実験施設であることから学内共同利用施設として位置付け られており、他学部の研究者及び学生にも開放されています。施設は、臨床・基礎研究棟から独立した鉄筋コンクリー ト3階建ての建物で、通常条件下での動物飼育・実験室のほかに、感染動物飼育室・実験室、SPF 動物飼育室・実験 室、教員実験室、代替実験室、実習用セミナー室、セミナー室、図書室、事務室等からなっています。

平成5年度から省令施設となり、これまでの研究支援だけでなく、実験動物学の研究、教育の発展に対する貢献を 目指して施設機能の充実を図っています。

飼育装置 マイクロマニュピレーター オートクレーブ(2階洗浄室)
飼育装置 マイクロマニュピレーター オートクレープ

附属実験実習機器センター

昭和58年8月に大型の研究機器等の効率的管理・運用を目的として、基礎研究棟1・2階に位置し(延べ約1500㎡)、医学部附属共同利用施設として発足しました。平成3 年度から省令施設となり、さらなる高度な教育・研究支援を目指し研究機器の充実等を図っています。

現在、機器センターは、電子顕微鏡等を備えた形態部門、生化学・分子生物学関連の機器を擁する分析I・Ⅱ部門、P3 レベルまで対応可能な組換え生物実験、病原体等の研究可能な実験室を備えるバイオハザード部門、各種医用電子機器を共用する電子機器部門、さらに学内LAN及びネットワーク機器の管理等に関与する情報部門から成っています。

医用電子機器部門神経系実験室 分析I部門培養室 分析II部門ルミノ・イメージアナライザーLAS-400mini 形態部門透過電子顕微鏡H-7500 DNAシーケンサー
神経系実験室 培養室 ルミノ・イメージアナライザー 透過電子顕微鏡 DNAシーケンサー

蛍光撮影装置 ガスクロマトグラフ質量分析計
蛍光撮影装置 ガスクロマトグラフ質量分析計