2018 年頭の挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。昨年の成果と今年の抱負を述べて、皆様に新年の挨拶を申し上げたいと思います。

1.教育面について
  医学科は、昨年の12月に、日本医学教育評価機構(JACME)による医学教育分野別評価を受審しました。これはわが国の医学教育の質を国際的基準として保証するために平成29年度に正式導入されたものです。受審に向けて、多くの教職員、また、研修医、学生の皆さんのご協力をいただきました。ここに篤くお礼を申し上げます。

   今回の受審により、医学部として組織的に医学教育プログラムを改めて見直す機会となりました。本年6月には正式な「外部評価報告書」が公表されます。フィードバックすることにより、アウトカムベイスドラーニングを目指し、PDCAサイクルを働かせて、教育プログラムの改良を持続的に進めていく必要があります。地域枠定員の維持も認可され、17名で続きます。今後、卒業後の専門医取得などのローテーションモデルを作成する必要があります。
 保健学科は平成29年度から本学独自の多様な学事歴に対応するため、クォーター制を導入しました。今後、学生及び教員のアンケート調査を踏まえ、効果を検証する予定です。

2.国際交流について
 保健学研究科では国際化を推進しています。次期国費外国人留学生特別プログラムは残念ながら継続が採択されませんでしたが、現在のプログラムでフィリピン、ラオス、インドネシアから多くの大学院生を招いています。また、これまでのフィリピン大学マニラ校、ラオス国保健省との協力関係以外に、インドネシアのマタラム大学と新たに共同研究を進める準備を進めています。また琉球大学戦略的プロジェクト経費が採択され、フィリピン大学マニラ校から特任助教が来ており、1月からは韓国からヨンセイ大公衆衛生学部のヌム教授がサバティカルを利用して琉球大学に客員教授として来られる予定です。今年1月22日には、フィリピン大学マニラ校、台北医学大学、ラオス国保健省、インドネシアのマタラム大学、アイルランガ大学から研究者を招いて、公開シンポジウムを開催します。
 医学研究科・医学科としては、ハノイ医科大学、シンガポールの南洋理工大学との交流協定を結びました。また、3月に東京理科大学、台北医学大学と共催で第2回国際バイオメディカル・インタフェース・シンポジウムを台医学大学にて開催し、今年は、沖縄で開催予定です。

3.研究について
  多数の科学研究費補助金を獲得し、また、概算要求事業として、「ガス分子群を用いた革新的治療法の開発を目指した橋渡し研究」、「亜熱帯島嶼の時空間ゲノミクス」、「沖縄県地域医療拠点形成に向けた先端医学研究センターの設置」が走っています。また、沖縄県の先端医療実用化推進事業やAMEDの「難治性疾患実用化研究事業」「臨床研究・治験推進研究事業」(臨床薬理学講座)を活用しつつ整備を推進しています。
 優れた研究業績として、Blood(内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座、細胞病理学講座)、 Diabetologica (薬理学講座、内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座)、The Journal of Infectious Disease (皮膚科学講座)、Leukemia(細胞病理学講座)、Human Genetics(第一内科と人体解剖学講座など)に論文が発表されました。また、熱帯医学会賞(山城哲教授)、熱帯医学会相川正道賞(小林潤教授)などの表彰もございました。今年もまた、素晴らしい雑誌への掲載をお願いいたします。

4.医学部および同附属病院の移転について
 平成30年度概算要求として内閣府から、沖縄健康医療拠点整備経費3.1億円が措置されました。昨年3月に「琉球大学医学部及び同附属病院移転整備基本計画」を策定しました。さらに、昨年9月には、上原地区キャンパス移転推進本部を設置し、体制を強化しました。また、昨年の10月から、基本設計に入り、今年9月には、「琉球大学医学部及び同附属病院移転整備基本設計」を策定します。平成28年11月から琉大用地の買取(宜野湾市土地開発公社による先行取得)を進めており、今年度末に完了する予定です。平成36年度末(2025年)を目処に、医学部及び同附属病院を宜野湾市(平成27年3月に返還されたキャンプ瑞慶覧(西普天間住宅地区))に移転することを目指しております。この医学部及び同附属病院の移転について、国が目指す国際性と離島の特性を踏まえた沖縄健康医療拠点に相応しいキャンパス整備を目指し、全学を挙げて取り組むため、皆さまのご協力をお願いいたします。

4月にも述べましたが、教育、研究、診療環境の整備は、大事です。ハラスメントの無い教育現場、診療現場を保つことは重要な責務であると考えています。
 最後ではございますが、皆様のご多幸と健康を祈念し、また、医学部並びに同附属病院の発展を祈願し、年頭の挨拶といたします。ご静聴ありがとうございました。

 

 

平成29年1月4日
琉球大学医学部長 石田 肇