優れたプロジェクトとして選定された10大学の1つです

トップページ » 事業体制

事業体制

  1. 臨床実習支援センター設置
    教育改革実施のための組織作りとして、既存の医学部長に直属する医学教育企画室に臨床実習支援センターを設置しました。同センターに専任教員および専任事務員を配置し、医学教育企画室スタッフや各診療科と協働して診療参加型臨床実習の充実を目指します。

    医学教育企画室スタッフメンバー
    所属 職名 氏名
    医学研究科 分子解剖学 教授(室長) 高山 千利
    循環器・腎臓神経内科学 教授 大屋 祐輔
    (事業推進責任者)
    附属病院 地域医療システム学  -  -
    地域医療教育開発  -  -
    医学部 医学教育企画室(専任) 准教授 屋良 さとみ
    講師  名嘉地 めぐみ
    (臨床実習支援センター)
    学務課 学務課長 多和田 真利
    学務課長代理 湧川 ひろみ
    医学教育企画室 事務員 深沼 千咲
    比嘉 みさき
    仲宗根 園子
    (臨床実習支援センター)
    亀川 玲奈
    中曽根 瑞乃
    (海外担当)
  2. 運営体制
    医学教育企画室(教務委員長、医学教育企画室専任スタッフ等で構成)内に臨床実習支援センターを設置し、教務委員会、協力講座や院内各部署と協働して事業を計画します。医学教育企画室スタッフミーティングや医学教育企画室会議で意見交換を行い、教務委員会、教授会に答申し、臨床実習支援センターの意見を反映した事業を推進します。
  3. 評価体制
    臨床実習支援センターの教員を含めた医学教育企画室スタッフミーティングや医学教育企画室会議を定期開催し、事業の強化を図ります。医師・教育者・有識者により構成された外部評価委員会により、本事業が適正に実施されているか評価を行います。外部評価委員会の報告を受け、臨床実習支援センターは改善策を検討・実行します。