附属動物実験施設

医学部附属の共同利用施設として、昭和 58 年 10 月 31 日に第一期、昭和 62 年9月 30 日に第二期、平成5年3 月 31 日に第三期の各工事を経て、合計約 3,000㎡の動物実験施設が竣工しました。

本施設は医学部附属施設でありますが、本学唯一の動物実験施設であることから学内共同利用施設として位置付け られており、他学部の研究者及び学生にも開放されています。施設は、臨床・基礎研究棟から独立した鉄筋コンクリー ト3階建ての建物で、通常条件下での動物飼育・実験室のほかに、感染動物飼育室・実験室、SPF 動物飼育室・実験 室、教員実験室、代替実験室、実習用セミナー室、セミナー室、図書室、事務室等からなっています。

平成5年度から省令施設となり、これまでの研究支援だけでなく、実験動物学の研究、教育の発展に対する貢献を 目指して施設機能の充実を図っています。

飼育装置 マイクロマニュピレーター オートクレーブ(2階洗浄室)
飼育装置 マイクロマニュピレーター オートクレープ