医学部体験授業の実施報告について

沖縄県内の高校生に、「医学部の授業・実習、最先端医療や生命科学の研究の体験を通して、医師・医学系研究者を志す強い意志を育む機会を与えること」を目的として、下記の通り、医学部体験授業を実施しました。

最終日には、全参加者による実験・実習結果の発表、修了証書授与が行われました。

1. 日程:令和元年8月5日(月)~8月9日(金)

2. 参加者:沖縄県内の高等学校生 25名

3. 体験内容
      (1) 医療体験 場所:おきなわクリニカルシミュレーションセンター
              講師:救急医学講座 関口浩至 助教
              高機能シミュレーターを用いた肺音・心音の聴診体験、心肺蘇生法など
      (2) 先端的医療・医学研究に関するレクチャー
            ・レクチャー① 糖尿病になりやすい体質ってなんだろう?
              講師:先端ゲノム検査医学講座 今村 美菜子 准教授
            ・レクチャー② 記憶と学習のメカニズム -脳神経外科医から見た脳科学の将来-
              講師:脳神経外科学講座 石内 勝吾 教授
      (3) 医学実習体験・医学研究体験
              11講座において、実験、医療体験を行い、成果をまとめる。

 

本事業は、本学アドミッションセンターの高大接続「琉大にぬふぁ星講座」と連携しています。

事業を実施するにあたり、JTA(日本トランスオーシャン航空)の協賛、沖縄県教育委員会、沖縄県教育委員会、沖縄県高等学校長協会、沖縄県高等学校安全振興会の後援を受けました。

 

課題解決型高度医療人材養成プログラム事後評価で総合評価Aをいただきました

2019年度臨床研究インテンシブフェローシップ2nd Sessionを開催しました

第12回夏期臨床研究ワークショップを開催しました

第5回臨床研究インテンシブフェローシップ キックオフシンポジウムを開催しました

2019年度臨床研究インテンシブフェローシップ 1st sessionを開催しました

第35回「臨床研究の日」を開催しました

ICN Congress 2019 Singapore 参加報告について

2019年6月27日(木)~7月1日(月)にシンガポール(Marina Bay Sands)で開催された2019 ICN 大会( International Council of Nursing Congress ) に参加しました。ICN大会は、国際看護師協会が主催する世界最大規模の看護学会で、今年も約140ヵ国から5000名が参加し、看護職の圧倒的なPowerを感じました。

「Beyond Healthcare to Health」をテーマとした基調講演やシンポジウム、ワークショップが開催されました。また、口演600題、ポスター1500題の発表があり、保健学科から3題の研究報告、附属病院看護部から救急部におけるPNS(パートナーナーシングシステム)に関する実践報告を行いました。

世界最大の死因であるNCDs(Non-Communicable Diseases:非感染性疾患)対策が喫緊の課題とされており、人々のよりよい健康、QOL向上に向けて、看護職はHealthcareの提供にとどまらず、地域や他団体との連携・協働の強化に向けてリーダーシップを発揮するなど、さらなる役割機能の拡大が求められていることを実感しました。今後、保健学科においても附属病院との共同研究を推進し、琉球大学から世界に向け“看護の知”の発信に努めたいと思います。

 

ICN Congress Opening Ceremonyの様子

 

大学院博士後期課程修了生 兼城 縁子さん

 

救急部 神村さん(左)兼城さん(右)

 

【7/5】琉球大学大学院医学研究科入試説明会

下記のとおり、医学研究科入試説明会が開催されます。

開催日:令和元年7月5日(金)
  時 間:18:00~19:30
  場 所:那覇市牧志駅前ほしぞら公民館
          (さいおんスクエア3階) 第1学習室
  備 考:ポスターPDF

 
【お申込・お問い合わせ】
  事前申込にご協力お願いします。
  〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町字上原207番地
  琉球大学医学部学務課入試・学事係
  TEL:098-895-1032 FAX:098-895-1092
  E-mail::igznyusen@acs.u-ryukyu.ac.jp

第12回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会看護分科会・第14回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会を開催しました

第12回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会看護分科会総会が6月2日(日)に、また第14回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会が6月3日(月)に琉球大学を幹事長校として沖縄県市町村自治会館で開催しました。

看護分科会総会では、文部科学省高等教育局医学教育課看護教育専門官の杉田由加里先生から「看護教育の動向と今後の課題」と題してご講演を賜り、今後の指定学校規則の改正など各大学の課題となり得る事項について非常に貴重な情報をご提供いただきました。

また、看護基礎教育検討委員会、大学院教育検討委員会、組織検討委員会の3つの委員会についてこの1年間の活動報告や、山形大学の看護教育におけるOSCEの事例発表などがなされ、大変有意義なものとなりました。

最後に、文部科学省高等教育局医学教育課大学病院支援室専門官の髙橋洋子先生から「保健医療系学科と病院看護部の連携」と題してご講演を賜り、幹事長校琉球大学の看護部長を交えた活発な意見交換及び看護部との人事交流を行っている大学からの事例紹介があり、こちらについても各大学の今後の在り方を模索する良い機会となりました。

  翌日開催された代表者協議会では、文部科学省高等教育局医学教育課課長補佐の中湖博則氏から、「保健医療学関係教育の動向について」と題してご講演を賜り、多角的な視点から保健医療学の目指すべきところについて示唆をいただき、参加者は熱心に聞き入りました。

また、各大学からの提案議題として、合理的配慮を要する学生の対応、語学をはじめとするグローバル化教育への対応、電子ジャーナルの価格高騰などが挙げられ、保健医療学の分野のみならず、大学として必要となる取り組みについて活発な議論が展開されました。

なお、今後の外国人留学生の国家試験受験への対応として、幹事校の秋田大学から看護師試験以外にも試験問題の漢字にルビを振ることや日本語独特の言い回しなどへの配慮を行い、優秀な外国人留学生が活躍できるようにすべきとの意見があり、厚生労働省へ要望することも決まりました。

協議会終了後は同会場で情報交換会が開催され、琉球大学西田学長の挨拶で会が始まり、幹事長校である琉球大学医学部空手道部からの演武の披露もあり盛況かつ有意義なものとなりました。

第12回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会看護分科会総会

 

第14回(2019年)国立大学保健医療学系代表者協議会 石田医学部長挨拶

 

琉球大学医学部空手道部による空手演武(情報交換会)

 

 

台北医学大学学生の学部長・病院長表敬訪問

令和元年5月7日~5月31日までの4週間、台湾の台北医学大学からSheng-Chieh LINさんが臨床実習生として、琉大病院で実習を行いました。

LINさんは5月29日(水)に医学部長と病院長を表敬訪問し、実習中に感じた台湾と沖縄の違いについて報告していました。麻酔科、放射線科、第一外科、腎泌尿器外科で実習を行い、台湾と日本の医療の違いを実際に見て、多くのことを学ぶことができたと話していました。また、琉大生や各診療科の先生方が親切に接してくれたと喜んでいました。台北医学大学とは大学間交流協定を締結しており、LINさんと同時期に4週間、本学からも6年次の医学科学生2名を派遣しました。今後も両大学の継続的な交流の促進が期待されます。

【懇談の様子】

(中 央)Sheng-Chieh LINさん

 

(左から)中曽根 医学教育企画室スタッフ、石田 医学部長、大屋 病院長、屋良 医学教育企画室 准教授

【8/7】KID’S SIM2019のご案内

【8/8】高校生医療者体験2019のご案内

 

タマサート大学学生の学部長・病院長表敬訪問

平成31年3月4日~3月29日までの4週間、タイのタマサート大学からPutch Phairintrさんが臨床実習生として、琉大病院で実習を行っています。

Putchさんは3月19日(火)に医学部長と病院長を表敬訪問し、実習中に感じたタイと沖縄の違いについて報告していました。形成外科(2週間)と第三内科(2週間)で実習を行っており、形成外科ではタイで見たことのない手術を見学することができ、とても良い経験になったと話していました。琉大生は春休み中のため学生は一人ですが、先生方がとても親切に対応してくださるので充実した実習時間を過ごしているとのことでした。

タマサート大学とは大学間交流協定を締結しており、平成31年6月3日~6月28日の4週間、本学からも6年次の医学科学生2名を派遣する予定です。今後も両大学の継続的な交流の促進が期待されます。

懇談の様子

(左から) 中曽根 医学教育企画室スタッフ、石田 医学部長、Putch Phairintrさん、藤田 病院長、屋良 医学教育企画室 准教授

【H31.3/5】琉球大学医学部・琉球医学会の退職記念講演会について

平成31年3月5日(火)17:00より、琉球大学医学部臨床講義棟2階 大講義室にて、退職記念講演会を開催いたします。

万障お繰り合わせの上、ご出席いただきますようご案内申しあげます。

ポスター【PDF】

平成30年度琉球大学医学部解剖体慰霊祭が執り行われました

平成30年11月21日(水)、13時半から、医学部体育館において、御遺族、来賓、教職員、学生など約480名が参列する中、平成30年度琉球大学医学部解剖体慰霊祭が執り行われました。

本慰霊祭は、御遺族をはじめ関係者の皆様にご臨席いただき、医学の教育・研究及び診療の発展のため、御遺体を本学に提供された数多くの御霊に対し、そのご冥福をお祈りするため、毎年11月第3水曜日に実施されているものです。

式典は、参列者全員による黙祷の後、平成29年11月以降から平成30年10月末日までの正常解剖体41御柱、病理解剖体10御柱の御尊名が奉読され、合祀された御霊の追悼を申し上げました。

仲門勇市琉球大学でいご会会長、大城肇琉球大学長(須加原一博理事・副学長代読)、石田肇医学部長の追悼のことばに続き、医学部学生代表の感謝のことばのあと、参列者全員が祭壇に白菊を献花し、精霊の安らかな御冥福をお祈りをしました。

最後に高山千利分子解剖学講座教授から御遺族への謝辞が述べられ、閉式となりました。

 

平成30年度医学科4年次Student Doctor認定証授与式が行われました

平成30年11月15日(木)臨床講義棟1階小講義室でStudent Doctor 認定証授与式が行われました。

Student Doctorについての説明後、石田医学部長、筒井医学科長、山本教務委員長、名嘉地医学教育企画室講師からStudent Doctor認定証の交付が行われました。

4年次122名が Student Doctorとして11月19日(月)から臨床実習を開始します。

 

平成30年度解剖体慰霊祭のご案内

謹啓 清秋の候ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素より琉球大学医学部及び附属病院の運営に関しまして、種々御支援を賜り厚くお礼申し上げます。
  さて、医学部及び附属病院では、医学・医療の発展のために、御遺体を御提供くださいました数多くの御霊の御冥福をお祈りするため、御遺族を始め関係者の皆様に御臨席いただき、下記のとおり慰霊祭を執り行います。
  つきましては、御多忙のところ恐縮に存じますが、何卒御臨席くださいますよう御案内申し上げます。
  なお、慰霊祭は、毎年11月の第3水曜日に執り行いますので、御遺族の方々におかれましては来年度も引き続き御臨席くださいますようよろしくお願い申し上げます。

敬 白

 

 

                      日 時 平成30年11月21日(水)午後1時30分
                      場 所 琉球大学医学部体育館
                      連絡先 琉球大学医学部総務課総務第一係
                      電 話 098-895-1010(直通)

 

平成30年11月

 

琉球大学医学部長

 

石 田   肇

大城学長が松川宜野湾市長を訪問しました

琉球大学医学部保健学科におけるJICA沖縄感染症研修