琉球大学大学院保健学研究科と沖縄県立看護大学大学院保健看護学研究科 単位互換に関する協定を締結

琉球大学大学院保健学研究科と沖縄県立看護大学保健看護学研究科は、大学院間の相互の交流を促進し、教育の充実・向上を図ることを目的として、学生がそれぞれの相手大学大学院の授業科目を履修し、単位を修得できる単位互換に関する協定を締結し、令和3年度から実施します。

令和2年12月22日(火)に県立看護大学において単位互換協定締結式が行われました。両大学大学院間の単位互換協定締結は、はじめてとなります。

左 小林 潤 琉球大学大学院保健学研究科長
右 嘉手苅 英子 沖縄県立看護大学学長兼大学院保健看護学研究科長

向って左から照屋教授(琉大)小林研究科長(琉大)
嘉手苅学長(看大)大湾教授(看大)神里教授(看大)

 

琉球大学と沖縄県立看護大学は、いずれも高等教育機関の設置を望む、沖縄県民の強い思いを背景に設立されました。それぞれには総合大学と看護大学という特徴があり、それによる強みをもっています。今回の単位互換に関する協定はそれぞれの強みを活かすことになり、両研究科に発展をもたらせると考えます。
 保健学と看護学はいずれも 人々の健康を目指している学問分野であります。人間を社会の中で生活している身体的・精神的・社会的に統合された存在として捉え、健康を連続する状態として捉える見方は保健学と看護学に共通しています。このように学問的にも多くの共通性を持っている研究科同士が、今後、単位互換に留まらない様々な協力関係を築いていくことを期待しています。そして、この協定をきっかけに、両大学がさらに緊密な関係へと発展していくことを願っています。

(嘉手苅 英子 沖縄県立看護大学学長兼大学院保健看護学研究科長 挨拶抜粋)

 

保健学と看護学の研究において臨床や公衆衛生の現場において作り出された思いある研究は、大変価値のあるものです。さらに、その思いとともにしっかりした研究方法があれば、世の中を動かすファクトを示せることになります。沖縄県立看護大学は、ひとのために尽くすという看護の誇り高い精神を受け継いで教育に反映させている、伝統のある教育機関であり研究機関であります。これは当たり前のようですが当たり前でなく、沖縄に育ってきた素晴らしい社会規範の一つとして根付いてきた貴重なものです。戦後早くから一般住民や医師が「看護」を尊敬してあたり、看護師は誇りをもって業務に遂行してきたことは、沖縄の保健医療の改善が、経済成長の前になしとげられた一つの大きな要因と私は考えています。
 琉球大学保健学研究科の教官と学生は、この大切な精神を沖縄県立看護大学から学生・教官ともに大いに学ばせていただければと思います。この看護の精神と琉球大学保健学研究科が培ってきた保健学研究の経験を融合させて、両大学院の教育の質の向上をはかることは切なる願いです。この協定をもとに交流が進めば沖縄の保健医療を牽引するための人材育成が加速していくと確信しています。

(小林 潤 琉球大学大学院保健学研究科長兼医学部保健学科長 挨拶抜粋)

【研究成果】ゲノム解析によって明らかになった宮古諸島の人々の由来

琉球大学大学院医学研究科の松波雅俊助教、今村美菜子准教授、木村亮介准教授、石田肇教授、前田士郎教授、同大学医学部先端医学研究センターの小金渕佳江特命助教(現・東京大学)の研究チームによる研究成果が、進化生物学の学術雑誌「Molecular Biology and Evolution」誌に掲載されました。

詳細はこちら【本学公式ホームページ】

また、1月21日(木)に本学にて研究成果について記者発表を行いました。

【記者発表出席者】
 先進ゲノム検査医学講座  前田 士郎 教授
              松波 雅俊 助教
 医学研究科長・医学部長  石田 肇  教授
 人体解剖学講座      木村 亮介 准教授

<記者発表の様子>

左から 前田 士郎 教授、松波 雅俊 助教 
石田 肇 医学研究科長・医学部長、木村 亮介 准教授

説明を行う、前田 士郎教授

説明を行う、松波 雅俊助教

医学研究科「論文博士の外国語試験」について

1.公示資料【PDF】
 2.事務手続き【PDF】

※入学試験の手続きではありませんので、ご注意ください。

2021年 医学部長年頭の挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

昨年はCOVID-19の感染拡大を受けて、教育、研究及び診療への対応に追われたかと思います。その中でも、たくさんの成果が上がりました。その成果と今年の抱負を述べて、皆様に新年の挨拶を申し上げたいと思います。

1.教育面について

活動制限を受けて、オンデマンド型のWebClassを活用した遠隔授業か、ZoomやMicrosoft Teamsを用いた双方向型のいずれかの遠隔授業を実施しました。そのため、オンライン授業等の実施にあたり、学生への連絡、出欠の方法、システムの操作など運用マニュアルを整え、令和2年4月7日に科目担当教員向けの説明会を実施しております。遠隔授業に対応するため、貸出用のWifiルータ等も用意し通信環境が整っていない学生に限り、講義室等を開放して対応しました。

臨床実習が休止された期間の一部は動画コンテンツにより、症例検討を中心としたオンライン実習を実施しました(令和2年5月11日~5月22日)。その後は、病院関係者のご尽力により、臨床実習を続けることができています。医学科は、臨床実習後OSCEが令和2年度から正式実施となりましたが、これも無事終了しました。解剖学実習は、保健学科との合同実習ができなくなりましたが、令和2年12月21日に無事終了しました。

遠隔授業の事例ですが、組織学実習は、概要説明をリモートで行い、実習時間の短縮化を図りました。さらに前半・後半の2グループに分けて定員の50%以下での対面実習を継続し、一方、バーチャルスライド活用を促進しています。試験は、一部の科目については、Web上での試験を実施しました。出題の順序をランダムにする、1問あたりの回答時間を制限する、WEBカメラをオンにして受験させる、出題問題を約400問プールして、その中から25問をランダムに出題など、極力公平性を担保しています。来年度はハイブリッド授業が可能か?検討課題です。

令和3年度入学者選抜においても、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う追試験の実施をはじめ感染防止対策を徹底した入試の実施を行うため、ご協力をお願いしたいと思います。

2.国際交流

国際交流はほぼ止まってしまいました。それでも、保健学研究科では国際化を推進しています。フィリピン大学、チェンマイ大学との学生交流や国費外国人留学生(フィリピン、ラオス、インドネシア)の受入を行なっています。

医学研究科・医学科としては、昨年度は、医科学研究では、昨年度、米国コロラド大学医学部、ハーバード大学医学部、ベルギーサンリュック病院、シンガポール南洋理工大学、台湾チメイ病院に3年次学生を派遣し、令和2年2月末に無事帰国しています。今年度は、海外派遣は中止になりました。台湾との国際交流も中止になっています。

3.研究について

基盤研究Aを始めとする多数の科学研究費補助金を獲得し、また、概算要求事業として、「亜熱帯島嶼の時空間ゲノミクス」、「沖縄県地域医療拠点形成に向けた先端医学研究センターの設置」が走っています。さらに、「沖縄バイオインフォメーションバンク試料解析保管システム」が補正予算で整備されます。また、沖縄県の先端医療実用化推進事業やAMEDの「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発)」、「中央IRB促進事業」、「女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise」および武田科学振興財団特定研究助成を活用しつつ整備を推進しています。

これらをもとに、多数の論文が出版され、プレスリリースを行ってもらいました。どんどん、アウトリーチも進めていければと思います。

また、クロスアポイントメントとして、2名の特命教授を迎えました。合計4名になりました。先進医療創成科学講座を設置し、令和3年2月1日に教授をお迎えします。また、上原キャンパス事務部に企画・研究推進室を設置し、事務からのバップアップ体制を作りました。

4.医学部及び病院の移転について

令和2年度第3次補正として、54.8億円、令和3年度概算要求として、沖縄健康医療拠点整備経費が措置され、合計約139億円となりました。令和2年度には土地取得を進めていて、合計で約16haの敷地を取得予定です。病院棟は建設が始まり、研究棟・講義実習棟の実施設計を進めます。 この医学部及び病院の移転について、国が目指す国際性と離島の特性を踏まえた沖縄健康医療拠点に相応しいキャンパス整備を目指し、全学を挙げて取り組むため、皆さまのご協力をお願いいたします。

毎年述べていますが、教育、研究、診療環境の整備は、大事であり、ハラスメントの無い教育現場、診療現場を保つことは重要な責務であると考えています。特に医学部・病院、つまり上原キャンパス(上原事業場)は、大学全体の約3分の2の教職員が働く大所帯ですので、働き方改革も行っていく必要があります。

私の任期は今年3月に終了しますので、令和3年度以降の取組は病院長と次期医学部長に引き継ぎます。

最後に、皆様のご多幸と健康を祈念し、また、医学部及び病院の発展を祈願し、年頭の挨拶といたします。

2021(令和3)年1月4日

琉球大学医学部長 石田 肇

⽣化学講座の⼤学院⽣が第73回⽇本薬理学会⻄南部会にて優秀発表賞を受賞

琉球大学大学院博士課程(生化学講座所属)の澳津志帆さんが、2020年11月21日(土)にオンラインで開催された第73回日本薬理学会西南部会にて優秀発表賞(Young Investigator’s Award: YIA )を受賞しました。

澳津さんは、「GnRH受容体刺激後のシグナル伝達におけるPyk2の機能」という演題名でポスター発表し、バーチャルポスター会場での自身の発表に対する質問に丁寧に回答していました。同日夕方に開催されたRemoによるオンライン懇親会においてYIA受賞者が発表され、表彰されました。

令和3年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学) 第2次選抜受験における注意事項について

令和3年度琉球大学大学院保健学研究科入学者選抜(2次募集)について

薬理学講座の筒井教授が9年連続 ATVB誌のTop Reviewer Awardを受賞

薬理学講座の筒井正人教授は、米国心臓協会 (American Heart Association: AHA)が発刊している国際医学雑誌Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology (ATVB) (Impact Factor 6.604)のTop Reviewer Awardを受賞しました。

筒井教授は年間37報のATVB投稿論文を平均1日で査読しました。
 ATVB誌のEditorial Board memberは世界に180人いますが、その中で世界のトップ10人のReviewerの一人として表彰されました。筒井教授は今年で9年連続、同賞受賞しており、これまでに336報のATVB投稿論文を査読しています。

ウイルス学講座の斉藤美加助教が第3回日本熱帯医学会女性賞を受賞

琉球大学大学院医学研究科 ウイルス学講座の斉藤美加助教が、第3回日本熱帯医学会女性賞を受賞し、11月2日に遠隔で開催されるグローバルヘルス合同学会2020大阪(第61回日本熱帯医学会大会、第35回国際保健医療学会学術大会、第24回日本渡航医学会学術集会、第5回国際臨床医学会学術集会)にて受賞式および受賞講演を行いました。

今回、沖縄の蚊媒介性感染症の疫学と対策に関する業績が評価され、同賞の受賞が決定しました。

同賞は、一般社団法人日本熱帯医学会が、熱帯医学の分野において顕著な成果を挙げ、その貢献が著しいと認められる女性に対して授与するものです。

令和3年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学) 入学者選抜試験受験における注意事項について

令和3年度琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)第2次募集のお知らせ

令和3年度琉球大学大学院医学研究科(修士課程・博士課程)第2次募集のお知らせ

ネアンデルタール人胸郭は、現生人類と比較して、 出生時からその特有の形態を示していることが明らかになった

関連リンク:Science Advancesホームページ

フランスのボルドー大学を中心とする国際共同研究チームに、琉球大学の研究者も参画し、ネアンデルタール乳幼児の深く短い胸郭形態は遺伝的に決定されていて、ネアンデルタール人の大きな体を支える高い代謝と関連する可能性があることを明らかにしました。研究成果は、国際学術誌Science Advances (IF 13.116)に2020年10月7日付で掲載されました。

個体発生研究は、絶滅した種の重要な生物学的情報を理解するための手がかりを提供します。現生人類と比較すると、ネアンデルタール成人の胸部はより短く、深く、そして広いことが分かっています。これはネアンデルタール人の体の大きさに関連しており、エネルギーと酸素がより必要であるという仮定に一致しています。これらの違いが出生時にすでに確立されているのか、発育中に後で現れるのかは不明でした。

この疑問を解決するために、仮想復元ツールと幾何学的形態計測を使用して、生まれてから約3歳までのネアンデルタール乳幼児肋骨の3D形態を復元しました。使用したのは、メスマイスカヤ1、ルムスティエ2、デデリエ1、ロックデマルサルの4個体です。

結果は、ネアンデルタール人の比較的深く短い胸郭が、他の種特有の特徴と同様に、出生時にすでに存在していたことを示しています。この形態は、ホモ・エレクトスとの共有原始形質を表している可能性があり、よりエネルギーが必要であることに関連しているかもしれません。

 

図 第一主成分は主に個体発生変異を示し、第二主成分で種間変異を示す。

D. García-Martínez, M. Bastir, A. Gómez-Olivencia, B. Maureille, L. Golovanova, V. Doronichev, T. Akazawa, O. Kondo, H. Ishida, D. Gascho, C. P. E. Zollikofer, M. P. de León, Y. Heuzé
Early development of the Neanderthal ribcage reveals a different body shape at birth compared to modern humans. Science Advances, 6, eabb4377 (2020).

 

先進ゲノム検査医学講座の今村美菜子准教授が 2020年度の日本糖尿病学会女性研究者賞を受賞

琉球大学大学院医学研究科 先進ゲノム検査医学講座の今村美菜子准教授が、2020年度の日本糖尿病学会女性研究者賞を受賞しました。

一般社団法人日本糖尿病学会は、糖尿病学の進歩・発展を図る目的で設立された17,000名を超える正規会員を有する学会であり、女性研究者賞は2019 年度から 2023 年度までの 5 ヵ年間に限り制定され、糖尿病に関するとくに優秀な研究業績を挙げた女性会員1名に贈呈されるものです。

受賞の対象となった研究題目は「ヒトゲノム解析研究による2型糖尿病および糖尿病合併症の病因解明と新規治療法探索」です。今村准教授は、ゲノムワイド関連解析(GWAS)というヒトゲノム解析手法を用いて2型糖尿病や糖尿病合併症の遺伝要因と関連するヒトゲノム領域を複数発見し、これらの研究成果を応用した疾患の遺伝的リスク予測法や2型糖尿病の新規治療法の開発にも取り組んできました。また、琉球大学医学部が推進する「沖縄バイオインフォメーションバンク事業」の一環として、沖縄県民の健康長寿復活を目指した生活習慣病のゲノム研究にも精力的に取り組んでいます。これらの研究業績および活動が評価され、今回の受賞となりました。

2020年5月に開催予定であった第63回日本糖尿病学会年次学術集会(会長:滋賀医科大学 前川聡教授)において授与式および受賞講演が行われる予定でしたが、COVID-19感染拡大の影響を受けて学術集会は延期され、10月のWeb開催となりました。10月10日、滋賀県大津市の会場において、学会賞の授与式および受賞講演が十分な感染対策のもと関係者のみの少人数で催行され、受賞講演の様子は約1万人のWeb参加登録者に向けてLIVE配信されました。

 

今村准教授のコメント
この度は名誉ある賞を頂くことができ、大変光栄に思います。感謝の気持ちを忘れず、研究者として一層の精進を重ねるとともに、後進の女性研究者の活躍促進にも尽力してまいりたいと思います。

授与式 左 (前)日本糖尿病学会 門脇孝理事長 
中央 今村美菜子准教授
右 第63回日本糖尿病学会年次学術集会 前川聡会長

受賞講演の様子 座長 琉球大学医学研究科先進ゲノム検査医学講座 前田士郎教授

(*会場では常時マスクを着用しており、講演中および写真撮影時のみマスクを外しております。)

令和3年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学) 入学者選抜試験の受験辞退に係る検定料の払戻しについて



令和3年度琉球大学医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学) 入学者選抜試験の実施について


新任教授のご紹介~大学院医学研究科 胸部心臓血管外科学講座 古川 浩二郎教授~


 令和2年(2020年)9月1日付で琉球大学胸部心臓血管外科(第二外科)教授を拝命しました古川浩二郎と申します。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

私は、昭和63年(1988年)に佐賀医科大学を卒業後、同大学の胸部心臓血管外科教室に入局し、心臓・血管・肺の外科学を専攻しました。その後、佐賀大学およびその関連病院にて心臓血管外科の臨床研修および研究を一心に行って参りました。そして、この度、伝統ある琉球大学胸部心臓血管外科学教室の一員に加えていただきました。

琉球大学胸部心臓血管外科学教室は、昭和58年(1983年)に開講し、初代 草場 昭 教授、第二代 古謝景春 教授、そして第三代 國吉幸男 教授が作ってこられた素晴らしい教室です。臨床・教育・研究と大学の使命である三本柱が大変バランスよく行われています。その証しとして、現在沖縄で活躍されている多くの人材を輩出しています。そして、その伝統の上に私がこれまで培ってきた事を少しでも積み上げるべく精進していく覚悟です。

以下に教室の特色をご紹介します。

臨床:通常の心臓血管手術はすべて万遍なく行っており、かつ現在の最先端治療である経カテーテル大動脈弁置換術(症例数は国立大学の中で全国2位)、大動脈ステントグラフト、重症心不全に対する人工心臓治療、低侵襲心臓手術などを精力的に行っています。また、沖縄で患者さんの多いBudd-Chiari症候群に対する外科治療の実績は世界でもトップクラスです。そして、これから私のライフワーク一つである弁形成術(自己弁温存大動脈基部置換術、大動脈弁形成術、僧帽弁形成術)や本邦ではいまだ症例数の少ない肥大型心筋症に対する心筋切除術にも力をいれていきます。

研究:大動脈手術時に稀に合併する脊髄障害はいまだに世界的にも未解決の分野です。その発症のメカニズムを臨床および基礎研究にて解明し、その合併症の予防を目指しています。また、Budd-Chiari症候群の発生メカニズムやより侵襲の少ない外科手術開発も行っています。今後、私が佐賀大学にて経験した再生医療技術を応用し臨床に直結する重症心不全に対する心筋再生や重症虚血肢に対する血管再生などの研究を開始したいと考えています。

教育:大学の三つの使命の内、最も大切なことと考えています。医学生~研修医~専攻医~専門医にいたる医師人生においてシームレスな教育を行い社会に有用な人材を一人でも多く育成していきます。そのために、常にお互いを刺激、高め合える教室作りを目指します。私の教育の理念は、患者の立場に立って考えることができる心を持ちかつグローバルにものを考え(世界レベルの医療知識・技術を習得することにより得られる)、そして常に目の前の患者さんに全力を尽くすという信念をもった医療人を育成することです。

今後の目標は、心臓血管病の患者さんの医療を沖縄で完結するだけでなく、他県からも患者さんや医療関係者が訪れる様な安心・安全かつ先進的な医療を琉球大学にて実現していくことです。その目標に向け医局員一丸となり取り組んで参ります。

保健学科 當山裕子講師がCOVID-19対策支援で保健所に派遣

令和2年8月16日から、新型コロナウイルス感染症対策業務のため、沖縄県南部保健所へ医学部保健学科地域看護学分野の當山裕子講師が保健師として支援を行っています。

沖縄県では7月下旬から新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、保健所では積極的疫学調査等に従事する保健師が不足する状況が生じました。厚生労働省は全国保健師教育機関協議会や公衆衛生関連学会などに「新型コロナウイルス感染症対策に係る保健所支援協力者」を募り、登録者の中から沖縄県と時期や規模の調整をはかり、県内の保健所へ保健師の派遣を実施しました。その中で、沖縄県内で保健師として勤務経験の有る當山裕子講師は、南部保健所への支援へ赴きました。

保健所は、地域における公衆衛生の向上と増進を図るための機関で、感染症が発生すると最前線でその対策にあたります。保健所の職員の中でも保健師は約3割を占め、新型コロナウイルス感染症対策において積極的疫学調査、濃厚接触者や在宅療養者への対応等で重要な役目を果たします。南部保健所には保健師が19名配置されていますが、その中に当学科の卒業生が12名います。

この新型コロナウイルス感染症は長期的な対応が見込まれるため、今後も、可能な限り保健所への支援を継続して行う予定です。

昼食時間、手の空いている卒業生に集合してもらいました。

南部保健所 仲宗根正所長、玉城浩江保健健康総括と一緒に打ち合わせ中です。

 

縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史

関連リンク:東京大学ホームページ  Communications Biologyホームページ


令和3年度保健学研究科入学者選抜(第1次募集)に係る出願書類について

【令和3年度保健学研究科(博士前期課程)学生募集要項】

【令和3年度保健学研究科(博士後期課程)学生募集要項】

新任教授のご紹介~大学院医学研究科 腫瘍病理学講座 和田 直樹教授~


 令和2年8月1日付で琉球大学大学院医学研究科腫瘍病理学講座教授を拝命しました和田直樹と申します。

私は大阪市立大学を卒業後、一貫して病理医としての道を大学(大阪大学・大阪市立大学)および大学の主要関連病院で歩んでまいりました。この度、一貫して病理医として歩んでまいりました経験を琉球大学の指導教員として活かす機会を戴きました。

当講座は病理診断・病理学教育・病理学研究を担います。病理診断は、治療方針の決定や手術の妥当性の評価など、医療の根幹に関わる医行為であり、的確な病理診断は様々な疾患の治療の基本となります。病理診断を通して、医療の質の向上に貢献します。

大学医学部における教育の使命は良い医師を世に送り出すことです。良い医師には患者の病的状態を的確に把握することが求められますので、病態や疾患メカニズムの理解を深める病理学教育を進めます。病理学研究では実際の病理診断で経験する症例に立脚した研究を行うことが可能であり、疾患の予後を予測するためや適切な治療に繋がる特性を把握するために研究を進め、病理診断時に何らかのメッセージを発することができるような研究をしたいと思っております。

初代 伊藤悦男 教授、第2代 吉見直己 教授が築いてこられた腫瘍病理学講座を引き継がせていただいたことを大変光栄に存じます。リレーに例えるとバトンを引き継がせていただいた状況ですが、バトンには熱い情熱を込めていただいておりますので、そのバトンに私の熱意も加えて走らせていただければと存じます。そして、そのバトンを一緒に持って走り続けていく仲間も増やしていきたいと考えております。勿論、走り方は仲間と一緒に冷静な頭脳をもって考えてまいります。私が座右の銘にしている「Cool Head,but Warm Heart」は有名な経済学者のお言葉ですが、病理学にも当てはまります。このスローガンのもと、私は沖縄の地に根ざし発展する病理学の確立に邁進したいと考えております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。