保健学研究科「論文博士の外国語試験」について

1.公示資料【PDF】
  2.事務手続き【PDF】

※入学試験の手続きではありませんので、ご注意ください。

医学研究科「論文博士の外国語試験」について

1.公示資料【PDF】
  2.事務手続き【PDF】

※入学試験の手続きではありませんので、ご注意ください。

新任教授のご紹介~大学院医学研究科 消化器・腫瘍外科学講座 高槻光寿 教授~

本年7月1日付で消化器・腫瘍外科学(第一外科)の教授を拝命しました高槻光寿と申します。どうぞよろしくお願いします。

私は大分県の佐伯市上浦町という宮崎県との県境、人口2000名ほどの小さな町で生まれ育ちました。高校は佐伯鶴城高校という知る人ぞ知るスポーツの名門校で、広島カープの前監督である野村謙二郎氏が私のふたつ上の先輩で、私の同級生は大分県代表として甲子園ベスト8(!)でした。ちなみに私は柔道部でしたが、、、。沖縄は全くの初めての土地ですが、特に琉大周辺は私の故郷を思わせるような原生林や自然が多く、親近感を覚えております。

大学は長崎大学医学部に進学し、「病気の人を自らの“手”で治したい」という思いから外科医の道を選択しました。当時は現在のようなスーパーローテートによる研修期間はなく、就職と同時に専攻科を決めるシステムであり、移植・消化器外科に入局し、一般消化器外科の修練を積んでおりました。そして医師になって4年目に突然「長崎大学でも生体肝移植を始めるので、京都大学に勉強に行け」と言われ、当時から最も生体肝移植を施行していた京都大学移植外科に派遣され、世界的にも著名な田中紘一先生のもとで非常に厳しい指導をいただきました。当時の京都大学は全国から私のような立場で派遣されている若手医師が大勢おり、多忙ながらもワイワイと楽しく仕事しておりました。その後、おもに肝胆膵外科を専攻し、長崎大学で生体肝移植導入などに関わり、2001年(33歳)より今度は台湾の高雄長庚紀念病院外科に留学して2年間、みっちりと肝臓外科の手術を勉強しました。この施設にはアジアで初めて肝移植を成功させた陳隆肇先生がおられ、日本の医師免許で存分に執刀させていただけました。肝臓のみならずあらゆる手術症例が豊富で、非常に充実した留学生活でした。

長崎に戻ってからは、兼松隆之名誉教授や現在の江口晋教授の指導のもと、自ら手術をこなす一方で後進の育成に努め、臨床・研究・教育の実績が認められ、このたび縁あって琉球大学の指導教員となりました。人生では「よき師」「よき友」に恵まれることが重要です。与えられた環境でベストを尽くせば、自然とよい出会いに恵まれ、充実した人生を送ることができます。全く縁もゆかりもない土地ですが、残りの外科医としての人生を沖縄に捧げるつもりでやってまいりました。ぜひみなさんと沖縄の医療をさらに発展させていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和2年度 学生募集要項

令和2年度 大学院医学研究科

令和2年度 学生募集要項(修士課程)

令和2年度 学生募集要項(博士課程)

*詳細についての問い合わせ先*

大学院医学研究科
TEL:098-895-1032
Mail:igznyusen@acs.u-ryukyu.ac.jp

 

 

令和2年度 大学院保健学研究科

★学生募集ポスター【PDF】

令和2年度 学生募集要項(博士前期課程)

  令和2年度 学生募集要項(博士後期課程)

【提出書類】
※学生募集要項を確認の上、以下の書類を提出願います。
※Excel又はWordで入力する場合は、ダウンロードして、入力・プリントアウト願います。

★入学志願票・履歴書・受験票・写真票・受験承諾書
(博士前期課程)Excel入力用
(博士後期課程)Excel入力用

★検定料振込書
(博士前期課程)Excel入力用
(博士後期課程)Excel入力用

★研究計画書・業績報告書・志願理由書・Letter of Recommendation
(博士前期課程)Word入力用
(博士後期課程)Word入力用

★入学試験出願資格認定申請書
(博士前期課程)Excel入力用
(博士後期課程)Excel入力用

★履歴書・志望理由書・論文一覧
(博士前期課程)Word入力用
(博士後期課程)Word入力用

★手書き用PDFデータ
(博士前期課程)
(博士後期課程)

 

*詳細についての問い合わせ先*

大学院保健学研究科
TEL:098-895-1053
Mail:igznyusen@acs.u-ryukyu.ac.jp

 

2020年度琉球大学医学部医学科第2年次 特別編入学(学士入学)第2次選抜結果

医学部医学科第2年次特別編入学(学士入学)第2次選抜結果

 

※1週間を目安に入試・入学案内ページのみの掲載に変更になります。

八重山のマラリア史—戦争マラリアとマラリア撲滅—の公開について

令和元年6月23日慰霊の日に、琉球大学医学研究科ウイルス学講座 斉藤美加 助教と酪農学園大学が共同製作したストーリーマップ「八重山のマラリア史—戦争マラリアとマラリア撲滅—」が公開されました。

八重山の戦争マラリアの悲劇から74年、八重山のマラリアが一掃されてから57年が経ち、当時を知る人は少なくなりました。我々は確実に生の声を聞ける最後の世代になります。先人たちの見聞きしたことを後世に残し、私たちが辿ることは、今だからとても大切なことに思えます。未来の八重山と世界の平和に向けて、この歴史を発信共有し、同時に次世代の蚊媒介生感染症対策に取り組んでいます。学校や生涯学習の教材として、是非ご活用ください。
 
八重山のマラリア史—戦争マラリアとマラリア撲滅—【別ページへ飛びます】

悪玉コレステロールを減少させる作用のある糖尿病治療薬を臨床試験で証明

医科学研究ポスター発表と優秀者表彰式について

平成31年4月15日、16日に医学科4年学生による「医科学研究ポスター発表」が医学部体育館で行われ、学生投票と教員投票により優秀者12名が選ばれました。
令和元年5月20日に医学部長賞1名、琉球大学医学科同窓会会長賞1名、優秀賞10名の表彰式が医学部長室で行われました。

(※医学研究とは、医学科3年次の学生が基礎系と臨床系の研究室に配属され、12月から2月まで3か月にわたり、指導教員の指導のもと1人1テーマの課題に向けて研究を行うプログラムです。)

 

ポスター発表の様子

医学部長賞授賞

球大学医学科同窓会会長賞授賞

集合写真

 

表皮ケラチノサイトの過剰増殖やがん化を抑制するメカニズムの発見

表皮ケラチノサイトの過剰増殖やがん化を抑制するメカニズムの発見【本学公式ホームページへリンクしています。】

令和元年度でいご会総の開催について(通知)

川の水から人獣共通感染症の病原体と保菌動物の候補を同時検出 ~レプトスピラ症予防に向けた環境DNA分析手法を開発~

川の水から人獣共通感染症の病原体と保菌動物の候補を同時検出 ~レプトスピラ症予防に向けた環境DNA分析手法を開発~【本学公式ホームページへリンクしています。】

新任教授のご紹介~大学院医学研究科 システム生理学講座 宮里 実 教授~

初めまして、平成31年4月1日付けでシステム生理学講座の教授を拝命しました宮里実と申します。平成最後、また令和元年、まさしく記念すべき年の就任を大変光栄に思っております。

私は、平成5年に本学医学科を卒業し、ただちに本学(母校)泌尿器科に入局しました。その後、25年にわたり泌尿器科医として臨床の外科医として診療にあたってまいりました。そういう私が、なぜ母校の基礎講座の教授になったか、まずそこから説明したいと思います。研修医時代は東京の小児病院(清瀬小児病院)で過ごしたのですが、そこで生涯の恩師と出会うことになりました。「10年先を見据えて過ごしなさい。」と叩き込まれました。また、こどもの先天性疾患を通して、病態(生理)に基づいて、10年、20年先を見据えて診療にあたる大切さを学びました。その後は、一泌尿器科医として泌尿器科の診療を一心不乱にこなしてきました。その中で、研修医時代に叩き込こまれたことを「座右の銘」として、知らず知らずのうちに「生理学」を追求してきたのだと思います。そのなかで、特に排尿生理に興味を持ちました。2006年から2年間排尿生理、薬理で有名な米国ピッツバーグ大学で遺伝子治療、排尿の新たな創薬開発の研究に携わりました。2009年から2年間東北大学でも臨床研究の幅を広げました。排尿生理を通して神経生理学を学び、25年という月日が過ぎたとき、臨床、研究はパフォーマンスの違いこそあれ、根幹にあるものは不変であるという感覚をもちました。

現役最後は母校、後輩のために過ごしたいという思いもいつしか芽生えておりました。そして、50歳を迎え、男子の本懐を遂げるべく、基礎講座への転身を決意致しました。とはいえ、臨床医であることに変わりはなく、二刀流で新たな生理学の境地を切り開きたいとも思っています。ノーベル医学生理学賞といわれるように、生理学は医学の根幹をなすものです。本学医学部を目指す高校生諸君がこのホームページを見て、何かを感じて頂けたら望外の喜びです。母校の後輩、また縁あって琉球大学へ集った学生、研究者の皆様とともに、医学の進歩に貢献したいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年度 就任の挨拶

この度は医学部長に信任していただき、誠にありがとうございます。今後2年もよろしくお願いいたします。大屋祐輔理事・附属病院長、医学部・医学研究科執行部とともに、医学部・医学研究科・保健学研究科の発展に寄与する所存です。

1.医学部及び同附属病院の移転について
平成31年度概算要求として内閣府から、沖縄健康医療拠点整備経費約59億円が措置されました。一昨年の10月から、基本設計に入り、医学部及び同附属病院移転整備基本設計が終了し、本年度から本格的に実施設計に着手しています。平成30年3月に、宜野湾市土地開発公社による琉大用地の先行取得が完了し、平成31年度より、買い戻し手続きを開始します。2025年を目処に、医学部及び同附属病院を宜野湾市(平成27年3月に返還されたキャンプ瑞慶覧(西普天間住宅地区))に移転することを目指しております。この医学部及び同附属病院の移転について、国が目指す国際性と離島の特性を踏まえた沖縄健康医療拠点に相応しいキャンパス整備を目指し、全学を挙げて取り組むため、皆さまのご協力をお願いいたします。

2.教育面について
医学科は、一昨年の12月に、日本医学教育評価機構(JACME)による外部評価を受審し、昨年11月1日付けで評価基準に適合しているとして認定されました。認定期は、2018年11月1日から2025年10月31日までとなります。本評価におきまして、改善の提言を受けた事項については、組織的に見直すとともに、教職員及び学生へフィードバックしていき、皆様とともに、毎年良い教育プログラムとなるよう改善につとめてまいりたいと思います。また、医学科6年次に係る共用試験臨床参加型臨床実習後OSCE(POST CC OSCE)をこの秋に開始します。この3月の医師国家試験合格率が全国平均をかなり上回り、皆様及び学生さんの努力の賜物であり、たいへんにおめでたいことです。医科学研究では、海外・県外に飛び出す学生も多く、優秀な発表をしており、今年度の発表も素晴らしいものがありました。
保健学科はクオーター制が定着し、それを利用して保健学科学生を公的資金で2週間の短期留学に送り出しています。また、遠隔授業・招聘授業による単位互換の開始を行なっています。今後は、附属病院看護部との協力体制の構築を図りたいと思います。
大学院および人材育成については、文部科学省補助金事業として、「臨床研究マネジメント人材育成」、多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン、実践力と研究力を備えた法医学者育成事業が進められています。その結果、定員を充足する大学院生を迎えることができました。保健学研究科では公衆衛生学コースの設置を考えていきたいと思います。

3.国際交流
保健学研究科では国際化を推進しています。フィリピン大学、チェンマイ大学との学生交流や国費外国人留学生(フィリピン、ラオス、インドネシア)の受入を行なっています。2月には、フィリピン大学、ラオス国保健省、台北医学大学、インドネシア・アイルランガ大学、マタラム大学との国際シンポジウムを開催しました。延生大学から客員教授を招聘しています。
医学研究科・医学科としては、昨年の9月にシンガポールの南洋理工大学から副学部長らが琉球大学を訪問し、来年度から臨床実習での交流が始まります。また、東京理科大学、台北医学大学と共催で昨年3月に第3回国際バイオメディカル・インタフェース・シンポジウムを沖縄で開催し、今年3月には第4回を台湾新竹市の国立交通大学で行い、育成医学の中西教授が発表されています。

4.研究について
基盤研究Aを始めとする多数の科学研究費補助金を獲得し、また、概算要求事業として、「亜熱帯島嶼の時空間ゲノミクス」、「沖縄県地域医療拠点形成に向けた先端医学研究センターの設置」が走っています。さらに、「沖縄バイオインフォメーションバンク冷蔵試料管理システム」が整備されました。また、沖縄県の先端医療実用化推進事業やAMEDの「難治性疾患実用化研究事業」「臨床研究・治験推進研究事業」AMED「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業」、武田科学振興財団特定研究助成を活用しつつ整備を推進しています。今年度運営費交付金の一部を、産学連携等研究収入、寄附金などの教員一人当たりの額により、増減されています。医学部及び同附属病院の獲得額が一番多いのですが、皆様のますますのご尽力をお願いしたいところです。これらの外部資金の獲得等をもとに、クロスアポイントメント、人事交流を盛んにして、研究の底上げが必要になります。すでに、千葉大学からクロスアポイントメントで特命教授を採用し研究が始まっています。
昨年の優れた研究業績として、Blood, Cell Reports(内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座、いづれも筆頭著者), American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine(薬理学講座、責任著者), Diabetes, Circulation(先進ゲノム検査医学講座、共著者), Science(人体解剖学講座、共著者)などがありました。今年度もまた、素晴らしい雑誌への掲載をお願いいたします。

昨年も述べましたが、教育、研究、診療環境の整備は、大事です。ハラスメントの無い教育現場、診療現場を保つことは重要な責務であると考えています。最後ではございますが、皆様のご多幸と健康を祈念し、また、医学部及び同附属病院の発展を祈願します

 

平成31年4月2日
琉球大学医学部長・医学研究科長 石田 肇

平成29年度 医学研究科 研究・教育業績評価 優秀者表彰式



附属病院病理部の臨床検査技師が医学教育等関係業務功労者表彰を受賞しました

平成31年3月6日に文部科学省において医学教育等関係業務功労者表彰式が行われ、医学部附属病院病理部 臨床検査技師の仲宗根 克氏が表彰されました。

この表彰は、大学における医学又は歯学に関する教育、研究若しくは患者診療等に係る業務に長年従事され、顕著な功績のあった者に対して行われるものです。

仲宗根氏は昭和57年に琉球大学保健学部を卒業し、臨床検査技師、細胞検査士、国際細胞検査士の資格を取得した後、平成6年から琉球大学医学部附属病院検査部病理室に奉職、平成12年の病理部発足に伴い病理部に異動し、現在に至ります。以降、病理診断・病理解剖の業務に従事し、精度管理を創意工夫し、病理部の運営に精励するとともに、医学科および保健学科学生の指導教育に永年関わってこられました。

さらにがん基本法の設定以来、がん拠点病院の必要条件である細胞検査士として、本院の婦人科領域や昨今の迅速細胞診・ベットサイド細胞診など全科的に貢献しました。

また、本院内での細胞検査士を育成するとともに、沖縄県臨床細胞学会・教員委員会委員長として県内病院・施設の若手技師に対して細胞診教育を実践し、沖縄県における多数の細胞検査士育成にも貢献しています。

仲宗根氏は今回の表彰に対して、「私どもの業務は裏方ですが、評価・推薦して頂いた先生方に感謝し、さらに発展するために今後とも精進していきたい。」と喜びとともに今後の抱負を述べられています。

 

医学部保健学科が国際シンポジウムをJICA沖縄と共に開催しました

医学部保健学科とJICA沖縄が、2019年2月18日に第2回国際保健シンポジウム(The second International Symposium on Global Health)をJICA沖縄国際センターにて開催しました。

シンポジウムでは、海外からの参加者に加え、保健学科が技術協力しているJICA研修プログラム(地域保健システム強化による感染症対策、公衆衛生活動による母子保健強化)に参加している海外からの研修員、保健学科の教員・大学院生らが参加しました。

台北医科大学 Hung-Yi Chiou 教授らによる台湾での乳がんスクリーリングの有用性、本学の平井 到 教授による薬剤耐性菌対策などの教育講演に続いて、本学の大学院生、インドネシア国マトラム大学講師(公衆衛生学)、ラオス国基幹病院の医師(院内感染対策)らによる研究発表が行われました。

このシンポジウムを通じて参加者は、専門知識・発表技法の習得、国際ネットワークの形成、科学的根拠に基づく保健医療実務の理解などを達成しました。台北医科大学のChiou教授、Betty 教授からは、「大変有意義なシンポジウムであった。特に大学院生の発表はレベルが高く評価できる。」との言葉をいただいています。

(投稿者:国際地域保健学分野教授 小林 潤 教授)

故 小杉忠誠名誉教授が叙位・叙勲を受章されました

元琉球大学医学部生理学第一講座(現:分子・細胞生理学講座)教授の故 小杉忠誠名誉教授が平成30年10月4日に正四位瑞宝中綬章を受章され、平成31年2月15日に、本学医学部長室で叙位・叙勲授与式が行われました。

叙位・叙勲とは、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、職務をはたし成績をあげた人に対して、授与されるものです。

故 小杉名誉教授は昭和56年に、琉球大学医学部医学科生理学講座の助教授に就任し、昭和63年より生理学第一講座教授に昇任されて以来、21年間にわたり、教授として研究・教育に携わってこられました。

また、学外においては、日本生理学会評議員、日本アレルギー学会評議員、日本血栓止血学会評議員、日本脈管学会評議員、日本病態生理学会理事を務められました。さらに、平成16年4月から平成20年3月まで日本生理学会常任幹事を務め、平成20年4月から平成24年7月まで日本病態生理学会理事長を務められました。

学内、学外において、教育・研究・大学運営・学界及び地域社会に貢献された 故 小杉名誉教授の叙位・叙勲授与式には、奥さまの紘子さんが御出席され、石田医学部長から表彰状が授与されました。

 

奥さまの紘子さん(左)と石田医学部長(右)

 

 

勲記

 

 

位記

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアからの留学生 ジャスミン・ミルマンさんがロータリー米山記念奨学生に選ばれました

オーストラリア メルボルンから、内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座 博士課程 大学院生として留学中のジャスミン・ミルマンさんが、このたび、50年の歴史と伝統を誇る ロータリー 米山記念 奨学生に選ばれました。

この奨学会は ロータリークラブ会員の皆様からの御寄附によって支えられており、奨学生期間が終了したのちも米山出身者として堅い絆で結ばれ、全世界で活躍する人々とのネットワークが構築されています。

過去にロータリー米山記念奨学生として奨学金を受けた海外留学生の中からは 後年、駐日大使になった方もいらっしゃいます。

ジャスミンさんは、極めて厳しい競争倍率と審査を勝ち上がり、沖縄県から唯一の奨学生に選ばれました。

 

ジャスミン・ミルマンさん

平成30年度(第33回) 沖縄県医科学研究財団 研究奨励賞と研究助成の受賞しました

第33回 公益財団法人沖縄県医科学研究財団 表彰および授与式が平成31年2月4日(月)、那覇市内のホテルにて開催されました。琉球大学医学部および附属病院に所属する4名の研究者が研究奨励賞および研究助成を受賞し、宮城信雄 同財団理事長(沖縄第一病院理事長)から賞状および助成金を授与されました。おめでとうございます。

本財団は、株式会社白石(那覇市)の創始者である故白石武八郎氏(琉球大学でいご会初代会長)が、沖縄県における医療の質の向上のために様々な支援を行われ、また琉球大学医学部設立にも尽力されたことを受け、氏の御遺族が長年氏の診療にあたった故大澤炯教授(当時の泌尿器科教授)に御芳志を託され、沖縄県における医学研究の促進のために設立されました。同財団からは、沖縄にゆかりのある研究者が行う、沖縄に関連のある研究や先進性の高い研究に対して、研究奨励賞や研究助成が与えられます。

今回、本学から以下の4名の医師・職員が受賞されました。また、功労賞には許田英子先生(浦添看護学校顧問)が選ばれました。

 

【研究奨励賞】

山城 恒雄 氏(琉球大学医学部附属病院放射線科 講師)
「4次元呼吸ダイナミックCTを用いた胸部の動態解析とその臨床応用」

金城 武士 氏(琉球大学大学院医学研究科感染症・呼吸器・消化器内科学講座 助教)
「沖縄県における呼吸器感染症の疫学と臨床像の解明」

 

【研究助成】

大平 葵 氏(琉球大学大学院医学研究科皮膚病態制御学講座 大学院生)
「沖縄県に多発する頭部血管肉腫の予後因子の探索」

ヘルマワン イダム氏(琉球大学大学院医学研究科細菌学講座 技術補佐員)
「沖縄県における土壌からの病原性レプトスピラの分離」

 

式典の様子。前列が受賞者の5名。

 

保健学研究科特別プログラム(OKINAWA GLOBAL HEALTH SCIENCE )募集要項

OKINAWA GLOBAL HEALTH SCIENCE PROGRAM

①Okinawa Global Health Science Program

②Check list and Application form

Download [ZIP of MS-Word files]

*Contact Us(詳細についての問い合わせ先)*
      TEL:098-895-1053
      Mail:igzgaksen@to.jim.u-ryukyu.ac.jp