RI実験施設(学内措置施設)

医学部RI実験施設は、昭和58年11月科学技術庁による認可を受け、3階建て延べ約1,200m2の管理区域からなる学内共同利用施設として開設され、医学部放射線安全委員会ならびにRI実験施設運営委員会の指導の下、施設長(併任)、技術職員(専任)、事務補佐員(非常勤)の三名が、利用者に対する定期的な教育訓練、被ばく管理、ならびに施設の安全管理等の業務を担当しています。

当実験施設には,RI測定用機器室に加え、生化学・分子生物学実験室、動物実験室および動物飼育室、ならびにP2レベルの細胞培養室が設置されています。過去数十年間、RIは医学や生物学的研究の発展に輝かしい功績を残してきましたが、近年、感度の点からRI標識法を代替しうる技術の開発が進むにつれ、実験系のNon-RI化が進行し、以前に比べると当実験施設の利用頻度も減少傾向にあります。しかしながら,RI標識の特性である高い感度で検出しうるという利点から、RIの利用は研究上欠くべからざる手段として、今後も続くと予想されます。従って、より一層の設備の充実を図ることで、より先進的な研究環境の提供を目指しています。

RI施設外観 液体シンチレーションカウンタ 放射線中央監視装置 β線測定室
RI施設外観 液体シンチレーションカウンタ 放射線中央監視装置 β線測定室