臨床研究教育管理学

臨床研究教育管理学ご紹介

講座名臨床研究教育管理学
講座サイト臨床研究教育管理学
スタッフ教授 植田真一郎 : blessyou@med.u-ryukyu.ac.jp

概要

現在のキャリアを継続しながら、基本的な臨床研究スキルに加え、 現実の診療の中でどのように研究チームを立ち上げ、信頼性の確保や患者さんの保護を効率的かつ 現実的に行うかといった、質の高い臨床研究の「マネジメント能力」の習得を目標とします。 そのために仮説・デザイン・統計解析等を体系的に習得し、臨床的疑問を解決する、 真の臨床研究の計画を作成し、実際に研究チームを立ち上げて実践しながら学びます。

大学院での研究指導内容

前半では臨床疫学、EBM、臨床薬理学,生物統計学等を学び、 臨床研究で必要とされるリテラシーとスキルを学び、これらが反映された研究計画書、 解析計画書の完成が最初の達成目標です。
① 臨床研究論文批判的吟味
② 臨床的疑問からの研究仮説作成
③ 研究デザイン
④ 被験者保護
⑤ 薬剤の臨床試験における用量用法
⑥ ランダム化
⑦ データ管理
⑧ 記述統計と単変量解析、多変量解析など

後半では、研究の品質管理とマネジメントについて必要な知識とスキルを習得し、自身の研究における品質管理計 画書,マネジメント計画書,手順書を完成させます。 最終的には臨床研究教育管理センターの支援、メンタリングを受け,進捗状況,目標の達成度の評価を受けます。
⑨ 研究の品質管理(モニタリング、有害事象 の適切な報告等)
⑩ 医療機関全体における研究実施体制のマネジメント (人材の配置,質の管理、 被験者保護)

修士課程では医師以外の医療職を対象とし、基本的な研究スキルに加え、多職種連携による研究支援および研究マネジメントスキルを習得します。