寄生虫・免疫病因病態学

寄生虫・免疫病因病態学ご紹介

講座名寄生虫・免疫病因病態学
講座サイト寄生虫・免疫病因病態学
スタッフ教授 岸本 英博 : hidek@med.u-ryukyu.ac.jp

准教授 當眞 弘
助教 村上 明一
教務職員 蔵下 一枝

概要

○研究の内容

当講座では、免疫システムに基づいた様々な研究を行っています。
1)刻一刻と変化する寄生虫を含む病原体に対する免疫応答を個体・細胞・分子・遺伝子レベルで解析し、免疫系が構築する「記憶」の分子メカニズムを明らかにする事を目指しています。
2)免疫系における「自己」を規定する分子メカニズムの解明に挑戦しています。
3)がんに対する新規免疫療法や移植片拒絶を抑制する療法の開発などの基礎医学での知見を臨床に応用するトランスレーショナル・リサーチも積極的に行っています。
4)医・工・理・芸・心理学と異分野(分化)横断する研究者達と生命現象を「可視化・認識」する基盤技術の構築を試みています。

○講座のアピールポイント

免疫や感染防御の基礎研究や、常に臨床治験を目指したトランスレーショナル・リサーチ、生命科学と関係のない材料・情報工学を巻き込んだ基盤技術開発など誰でもその人の特性に合うような研究プロジェクトを行っています。

大学院での研究指導内容

免疫記憶構築に関わる分子機構の研究
自己寛容成立機序の分子機構の研究
免疫応答を制御する分子開発
近赤外光を用いた新規医療イメージング・システムの開発