皮膚科学

皮膚科学ご紹介

講座名皮膚科学
講座サイト皮膚科学
スタッフ教授 高橋 健造 : kenzot@med.u-ryukyu.ac.jp

講師 山本 雄一
講師 山口 さやか
診療講師 新嘉喜 長
助教 内海 大介
助教 安村 涼
助教 林 健太郎
助教 宮城 拓也
助教 山城 充士

概要

沖縄県に根差した皮膚病の診療と治療、研究をモットーとしています。皮膚病の診療や治療では、全国水準の治療を沖縄県の地元で受けることができるように卒後教育を行っています。現在、皮膚科学会専門医やアレルギー学会専門医、医真菌専門医を多く輩出し、地域医療へ広く貢献しています。
研究分野では、実際の皮膚病の診療現場から生じた問題点の解決を目標にしています。特に沖縄県・琉球諸島に多い皮膚病にスポットをあてて研究しています。また角化症の病態解明と創薬・新規診断法の開発、皮膚老化への挑戦、ヒトの進化と皮膚の進化など、皮膚科医学から、さらには基礎生物学での研究も続けております。沖縄県に多くみられる遺伝性皮膚症の病態解析のためゲノム遺伝子解析と遺伝子発現解析を組み合わせ、実臨床に使用しやすい疾患マーカーの検出系の確立や治療標的の同定を行っています。

大学院での研究指導内容

基礎研究
・加齢による皮膚の内因性老化の解析と、その可逆性
・毛髪の観察による遺伝性角化症の新規診断法の確立
・ヒトの皮膚の特異性と進化的役割
・ヒトの皮膚の部位特異的な分化制御のメカニズム

公衆衛生上の取り組み
・県内での皮膚癌検診の長期的な取り組み
・沖縄県全域に蔓延する薬剤抵抗性アタマジラミ症への対応
・アルコール多飲による皮膚障害の発症機序の解明
・西アフリカでの感染性皮膚潰瘍への医療貢献

臨床研究
・琉球諸島や沖縄県に特有な皮膚病の疫学と病態解明
・沖縄県に多発する皮膚型成人T細胞リンパ腫(ATL)と菌状息肉症の鑑別診断の確立
・ダリエー病など先天性角化症の治療薬へ向けての創薬
・遺伝性皮膚疾患の病態解明
・血管肉腫の原因究明のための外来遺伝子・変異遺伝子の探索