ウイルス学講座の斉藤美加助教が第3回日本熱帯医学会女性賞を受賞しました

琉球大学大学院医学研究科 ウイルス学講座の斉藤美加助教が、第3回日本熱帯医学会女性賞を受賞し、11月2日に遠隔で開催されるグローバルヘルス合同学会2020大阪(第61回日本熱帯医学会大会、第35回国際保健医療学会学術大会、第24回日本渡航医学会学術集会、第5回国際臨床医学会学術集会)にて受賞式および受賞講演を行いました。

今回、沖縄の蚊媒介性感染症の疫学と対策に関する業績が評価され、同賞の受賞が決定しました。

同賞は、一般社団法人日本熱帯医学会が、熱帯医学の分野において顕著な成果を挙げ、その貢献が著しいと認められる女性に対して授与するものです。