新任教授のご紹介~大学院医学研究科薬物治療学講座 中村克徳教授~

皆様、初めまして。平成 27 年 8 月 1 日付で琉球大学医学部附属病院の薬剤部長を拝命いたしました。現在、若輩ながら薬剤部員の先生方と共に精一杯頑張っております。私は平成 6 年に北海道大学薬学部を卒業し、平成 11 年に北海道大学大学院薬学研究科にて学位を取得、米国バンダービルト大学医学部の博士研究員として 2 年間留学いたしました。その後、群馬大学医学部附属病院薬剤部(薬剤師・助教)、 信州大学医学部附属病院薬剤部(准教授・副薬剤部長)、名古屋市立大学薬学部(臨床薬学教育研究センター准教授)を経て、琉球大学に参りました。前任地の名古屋市立大学では、医学部・看護学部・薬学部が連携した、地域と育む未来医療人「なごやかモデル」という活動に参加しておりました。これは、「住み慣れた土地で、豊かに老いを迎え、その人らしく暮らすことのできる社会づくり」を支える多職種連携チームの中で活躍できる医療人材の育成を目標としています。琉大病院薬剤部においても、沖縄県の地域に根差した多職種連携チームの中で活躍する薬剤師養成を目指して活動していきたいと考えております。沖縄県には残念ながら薬学部が存在せず、全国の都道府県の中では最も薬剤師が不足している県であります。琉大病院薬剤部では、患者さんにとって頼もしいと感じられる「顔が見える薬剤師」となるためには何が必要なのかを常に考えながら、薬学部実務実習生を積極的に受け入れ、同時に若手薬剤師や既卒ベテラン薬剤師の先生方を対象とした生涯学習教育も重点的に実施して、沖縄県の薬剤師不足にも対応して行きたいと考えております。

 琉大病院で患者さんにより良い薬物療法を提供できるように、薬剤部一丸となって努力していきたいと思っておりますので、どうかご支援・ご協力をお願い申し上げます。