大学院医学研究科/医学科

大学院医学研究科

大学院医学研究科長・医学部長 松下正之

大学院医学研究科博士課程(医学専攻)は、医学分野全般において特色ある研究を通して将来の医学研究・先端医療を開拓し、次世代を担う優秀な人材を育成します。また、修士課程(医科学専攻)は、医学を取り巻く周辺領域の人材を幅広く受け入れ、生命科学としての医学、また高度医療を支えるチーム医療において指導的役割を担う人材を育成します。

このような目的を達成するために大学院への入学資格要件を大幅に拡大し、多様な人材を資格審査によって受け入れる制度を整備したほか、社会人大学院生の受入れを積極的に行っています。

研究面では、①沖縄の健康長寿に関する研究、②亜熱帯特有の疾病に関する研究、③沖縄の社会医学・疫学に関する研究、及び④再生・再建医学の研究を柱とした特色ある基礎的・臨床的研究を推進しています。

医学部医学科

医学科長HP写真医学科長 高山 千利

医学科は、高い学術能力と豊かな人間性を兼ね備え、患者さんに信頼される医師および医学・生命科学の優れた研究者になるべき人材を育てます。そのために、基礎医学と臨床医学の教育を行い、学生の知識・技能はもちろん、日進月歩し、多様化する医学・医療に対応できる応用力を培います。同時に、医師としての倫理観や幅広い素養につながる日常生活での意識および行動を学生に求め、それを教員や医療スタッフがサポートします。また、亜熱帯という地域特性と東南アジア諸国との交流を生かした特色ある授業や課外活動も進め、国際性豊かな医師であることも教育目標の一つです。さらに昨今、医師不足の地域あるいは診療科の偏在などから明らかになってきた医師不足対策として「地域枠」を設けて学生定員を増やし、地域医療に貢献できる人材も育成しています。

医学科は、基礎系と臨床系の分野が有機的に連関し、教育、診療、研究体制を整え、6年一貫教育を行います。4年次までは基礎医学系、臨床医学系の基礎的知識の修得、実験、実習が主体ですが、5年次からは患者さんを対象とした臨床実習を指導します。6年次の9月からは卒業試験が続き、卒業資格のある者が医師国家試験を受験します。これに合格して初めて医師となりますが、2年間初期臨床研修が義務となっています。各診療科は他の教育病院や地域医療施設と協力して卒業生の研修を指導します。研修後、多くの者は大学病院や他の病院の臨床医として、更に研鑽を積み、専門医、指導医を目指します。臨床医として研究を行う者、基礎的な生命科学の領域の研究を目指す者や社会医学の分野で貢献するとする者もいます。そのためには、大学院博士課程へ進学することが大事です。このように、医学科は卒業後も皆さんと関連が深く、ともに医療、研究に携わります。

banner-medicine