保健学科/保健学研究科

health_head_fukushima2014

大学院保健学研究科

保健学研究科(博士前期後期課程)は人間健康開発学と国際島嶼保健学の2つの教育研究領域を設置し、沖縄の社会文化的環境および亜熱帯性自然環境を背景とした健康長寿の維持増進および再生を目的とした研究、健康資源の解明に関する研究、アジア・太平洋地域の島嶼保健の課題とその対策に関する研究を展開しています。

保健学研究科の修了生は、沖縄県の保健医療を牽引するリーダーとして医療機関、行政、保健所などで活躍し、また教育機関で後進の育成、研究に携わっています。さらにアジア太平洋諸国での国際協力を通じて医療・福祉の増進に貢献しています。APACPH (Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health)の会員校でもあり、今後さらにグローバル化を進め、沖縄県のみならず国際社会で活躍する人材の育成に努めます。

保健学科

高い倫理観を備えた質の高い保健医療従事者(保健師、助産師、看護師、養護教諭、臨床検査技師、健康食品管理師)の教育・養成、また、国際医療に貢献する人材の養成を目指し、保健学、看護学、医療技術学に関する教育を実施しています。また、島嶼・長寿県沖縄の地域保健医療を充実させるために、保健医療福祉現場における実習カリキュラムを編成しています。

banner-health-dept