医化学

医化学ご紹介

講座名医化学
講座サイト医化学
スタッフ教授 苅谷 研一 : kariya@med.u-ryukyu.ac.jp

准教授 海川 正人 umikawa@med.u-ryukyu.ac.jp
助教 安里 剛 tasato@med.u-ryukyu.ac.jp
助教 野中 公子(旧姓武居) takei@med.u-ryukyu.ac.jp

概要

私共の担当は、細胞生物学です。細胞は、時々刻々細胞外からの情報を受容し、増殖、分化、アポトーシス、分泌、運動など多彩な応答を行っています。細胞外情報と細胞応答の間をつなぐのは、細胞内情報伝達系です。細胞内情報伝達系を構成する情報伝達分子の多くは、分子間相互作用に関わるドメインを持っています。これらのドメインを介して情報伝達分子は複合体を形成します。色々な複合体が細胞外情報に応じて形成されることで、細胞応答が時間的、空間的に巧妙に制御されます。また、複合体の形成は、複数の情報伝達系が協調して働くのにも必要です。癌や感染症では、細胞内情報伝達系の制御や協調が破綻したり攪乱されたりしています。
細胞生物学分野では、分子間相互作用を手がかりに、未知の細胞内情報伝達系とそれを構成する情報伝達分子を探索し解析しています。また、癌や感染症での細胞内情報伝達系の破綻や攪乱についても解析しています。探索や解析には、酵母や線虫 C. エレガンスから哺乳動物まで様々な実験系を使っています。研究には、教官、大学院生にまじって学部学生も参加しています。

大学院での研究指導内容

・ 細胞の増殖、分化、アポトーシスや分泌、運動などに関与する細胞内情報伝達系についての解析。
・ 癌、免疫異常、感染などの病態における細胞内情報伝達系の破綻・攪乱についての解析。
・ プロテオ-ム解析と、トランスクリプトーム解析と、遺伝子改変モデル生物(マウスおよび線虫C.エレガンス)を用いた解析。