細胞病理学

細胞病理学ご紹介

講座名細胞病理学
講座サイト細胞病理学
スタッフ教授 加留部 謙之輔 : karube@med.u-ryukyu.ac.jp

概要

悪性リンパ腫をはじめとする造血器腫瘍は、その臨床病理学的特徴、分子生物学的特徴が詳細に解析されており、形態像のみならずフローサイトメトリーによる細胞マーカー検索、FISH法、PCR法、サンガー法を駆使した遺伝子解析が日常診断レベルで行われている数少ない腫瘍の一つです。さらに現在、ヒトゲノムの解読や次世代シークエンス技術の進歩に伴い、造血器腫瘍の病態に関与する新規遺伝子が次々に見つかっており、今後はそれらを加味した疾患概念の構築および新規治療法の開発が重要な研究テーマになります。現在はこの大きなテーマを達成すべく、研究環境の構築に取り組んでおります。この研究に興味がある人とはぜひ話をさせてもらえればと思います。

大学院での研究指導内容

(研究の目標)
造血器腫瘍の病態解明と疾患概念の構築を目指します。
(研究の方法)
(1) 臨床病理学的解析
どんなに分子生物学的技術が進歩しても、目の前の腫瘍細胞の形態像と免疫染色所見および臨床所見の詳細な検討が病態解明の第1歩です。検体を集め、これまでの過去の報告と照らし合わせながらしっかりと解析していきます。
(2) 分子生物学的解析
(1)に関するデータが揃い、しっかりとした考察ができた時、目に見えない遺伝子および機能的側面の解析に進みます。最先端の遺伝子解析技術が必要となりますが、次世代シークエンサーやウイルスによる遺伝子導入技術などを自前で開発しつつも、国内外の共同研究機関と臨機応変に協力しながら研究を進めていきたいと考えています。